サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

先週の人気記事ランキングベスト10

2017年3月第3週、バラシを防ぐためのタックルコラムも要注目

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



新会社・ボトムアップからリリースされるストレートワームとは!? 01 スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :前編


2017DAIWAの注目度No.1機「タトゥーラSV TW」 zillion-sv-tw このスペックと使用感でアレより約1万円も安い!?



小森嗣彦さんが実践するスピニングリールのドラグ設定 dscf0117 「ファイト中のドラグ調節はバラシの元。調節は指で行ないます」【周年】



関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第1回 004a 春のキーは「中層」にあり【3~4月】



カバー撃ちでバラさないためのフッキングとロッド選び 214-jissen12 赤羽修弥さんがノーミスで釣るためのコツを解説【周年】



関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第2回 006 ジャーキングのコツは”脱力”と”ラインスラック”【3~4月】



早野剛史さんが解説するバラシを防ぐためのリール選び 270_hayano-011 「たとえば、バスが急に手前に泳いできたとき有利なのはハイギヤリール」【周年】



ワカサギとフナが教えてくれる「ブタバス」の現在地 :第2回 dsc_2482 春の牛久で有効な釣り方【3~4月】



ヘッド側に張り、テール側に柔らかさをもたせた設計 kawamura スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :後編


10
注目のニューリール「STEEZ A TW」 試投してきました! 01 中~重量級ルアーの投げ感がGOODでした!


 徐々に温かく感じる日も増えてきた3月第3週。ハイシーズンに向けてとくに注目を集めたのは、期待のニューアイテムとバラシを防ぐタックルコラムの記事でした!


 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。


2017/3/19

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING