サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

新会社・ボトムアップからリリースされるストレートワーム(ブレ―バー5.7in)とは!?

スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :前編

Basser編集部=写真と文
kawamura 川村光大郎(かわむら・こうたろう)
1979年2月14日生まれ。ボトムアップ代表。W.B.S.グランドチャンピオンシップで高校生時に頭角を現わし、年間優勝2回。2010年W.B.S.スーパースリーデイズを草深幸範のパートナーとして優勝。『ルアーマガジン』の人気企画「陸王」で初代の同タイトルを獲得。『Basser』では2004年のオカッパリオールスター第1回水郷大会優勝に始まり、第5回霞ヶ浦大会、第7回(キャノンボール第1回)千葉・茨城大会でも勝ってこれまで3勝をあげている。

BREAVOR 5.7in
(ブレーバー5.7in/ボトムアップ

01 Break behavior!!
そのアクションは、バスの本能をぶっ飛ばす


 川村光大郎さんを代表に据えた新メーカー、ボトムアップの第1弾が「ブレーバー5.7in」だ。おもな用途は近年の川村さんが多用しているネコリグ。失礼ながら地味なところからスタートしたなァと思ったが、常に「何がなんでも、もっともっと釣りたい」コータローにしてみれば、自分が最も釣果をあげているルアーから着手したのはごく自然な流れだろう。

 シャッドテールのアクションが全身に伝わって起こるバイブレーションで、フォール中のバイトが増加。ボトムシェイク時のレスポンスもよく、くねるボディーとチロチロ動くテールが異なるリズムでバスを誘う。「使い勝手のよさも重要な性能」として、素材強度からこだわって作られている。スナッグレスネコにはN.S.Sフックと同パーフェクション(FINA)の#1/0と2/0がマッチ。12色をラインナップ。8本入り750円+税で3月上旬に発売予定。

▼ボトムアップのウェブサイトにて川村光大郎さんがこだわりを解説しています▼
http://bottomup.info/column/kawamura03/


なぜ「ストレートワームから」なのか


編集部(以下B) サラリーマンが一念発起して独立起業というのは、勇気の要る決断だったと思います。けれどそれは、ちまたに溢れている話でもあるので、個人的な興味を除けば、気になるのはやっぱり「新会社のボトムアップからどんな釣れるルアーが発売されるのか」です。

川村 そうですね。独立も起業もそれが目的ではないので、注目していただきたいのはルアーそのものです。

 で、注目していた第1弾ですが……、気を悪くしないでほしいんですけど、初めて見たときは正直、「ずいぶん地味なところからスタートしたなァ」と。

川村 もうね(苦笑)、見栄を張ろうとかそういうのはイイの! ハードベイトからとか、同じソフトベイトにしてもクロウ系からとかね、考えなかったわけじゃないですよ。けど、イイやと。そういうのは自分にとって純粋な動機じゃないなと。

 最初は地味って思いましたけど、同時に「コータローらしいなァ」とも思いました。ここ数年、川村さんが一番多用しているのがネコリグだから、それ用のストレートワームから発売っていうのは「真っ直ぐにきたな」と。

川村 ストレートだけにね~(笑)。

 ギャグがオッサンだ(笑)。

川村 もうアラフォーだから仕方ないッ!!

 歳を重ねてオヤジギャグを言うようになっても、「何がなんでも釣りたい」「もっともっと釣りたい」っていうところは昔から変わりませんよね。

川村 そう、そこを知ってほしいです。僕がそういうニンゲンだっていうことを。とにかくもっともっと釣りたいんですよ。

 みんなもう知ってると思う(笑)。このブレーバー5.7inも、異常釣欲者のあなたが作ったワームだと思うと、なんていうか「えげつないルアー」に見えてきますよ。

02 ブレーバー5.7inは「ほぼ」ネコリグ専用だが、テストではダウンショットリグでの釣果も多くあがっていた。クビレのところからテールをカットすれば、ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーでも魅力的にアクションする


「フォール中のバイト」を増やす


 ブレーバー5.7inについて具体的に聞かせてください。

川村 これは、「ほぼ」ネコリグ専用のワームです。開発の出発点は「フォール中にもっと食わせたい」。ストレートワームのネコリグはフォール中に食うことがほとんどないので、そこをどうにかしたら「もっと」に繋がるなと。

 それでこのテールですか。

川村 はい。テールの形状はほかにもいろいろ試したんですけど、シャッドテールが一番よくて、軽いシンカーでもレスポンスよく動くんです。僕は、サイトフィッシングにかぎらず、そこにいるバスは全部釣りたいし、タフなバスも食わせたい。シャッドテールは、活性が低いバスでも食わせられる細かい動きが出せて、それがボディーまで伝わって、全身が細かく震える。そこが凄くイイ!! 身震いするように細かく震えながら落ちるのがイイんだよねェ……、イイわァ……、イイ……。

 おーい?(笑) イイのはわかったから続きを頼む。このテール形状がフォールアクションを良くするのはわかりましたけど、ボトムでシェイクしたときはどうなんですか? 「余計なパーツ」になって、シェイクでは動いてくれなさそうにも見えます。

川村 本体とテールを接続する薄い部分がありますよね。そこを長くしすぎると、ご指摘のとおりシェイクしたときに動かなくなりますし、フォール中のテールのバイブレーションがボディーまで伝わらなくもなります。クビレからテールまでの長さは何度も何度もやり直しました。

 つまりボトムアクションもイイ?

川村 シェイクすると、ボディーとは別のリズムで、テールがチロチロ動きます。「余計な板がくっ付いてる感じ」ではなく、機敏にアクションしてくれます。

 そういうのってバスが好きそう。一部だけがピコピコしてると、そこをすごく気にしますよね。

川村 まさに。

 「ほぼ」ネコリグ専用ということですが、ほかのリグではどうなんですか?

川村 ネコリグとダウンショットリグではそのままの形状で使ってほしいです。あとはノーシンカーワッキーとジグヘッドワッキーにも対応するんですけど、その場合はテールがないほうが絶対にイイので、ちぎっちゃってください。

 そのためのクビレですか。

川村 はい。ちぎったあとの太さと長さのバランスやアクションも充分考慮して作りました。

07 N.S.Sフックの特徴を生かしたカバー攻略での「使い勝手」を考慮して、ブレーバー5.7inにはやや硬めの素材が採用されている。ファイト中にワームが飛んでしまうことも減った


最初に決めたのは「素材強度」


 ネコリグ用ということですが、川村さんのネコリグといえば「スナッグレス」ですよね。

川村 個人的には90%そうですね。「N.S.Sフック」と、それにスイベルが付いた「パーフェクション」の#1/0と2/0がブレーバーにはマッチします。

 だからですか、ブレーバーの素材がちょっと硬めなのは?

川村 そうです。カバーを撃ったときにハリ先が勝手に飛び出しにくく、でもフッキング性能は良好で、釣ったときにワームが飛んでいきにくい強度の素材を使っています。

 ん? カタチが決まってからでは、素材を硬くしたり軟らかくしたりできませんよね。あとから素材を微調整したら、アクションもイチからやり直しに……。

川村 実は、最初に決めたのが「素材強度」でした。釣れることはもちろん大事だけど、「使い勝手のよさ」もルアーにとって重要な機能ですから。ネコリグでは、魚を掛けて最後に抜き上げたりするときにワームが飛んでいくことが多いんですけど、ブレーバーはだいぶ「ラインに残る」ようになりました。

 釣り場にゴミを残しにくく、高価なタングステンシンカーを失うことも減った、と。

川村 そういうことです。

後編へ続きます……

関連記事
川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ 01 川村光大郎さんが考案したネコリグのニュースタイル“スナッグレス・ネコ”の解説と具体的な使用方法を紹介します。

 バスフィッシングにまつわる「色」を特集しているBasser3月号。川村光大郎さんはオカッパリの万能色として、スモークペッパー&コパーフレークについて解説しています。

2017/1/26

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING