サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

FULLCLIPとのコラボバッグ、第一次受注締め切りは9月19日(火)!

いつまでもあると思わないでね、コラボバッグ!

サイト・ビー=写真と文
bassertrippinbanner

ありがとうございます。
「バサートリッピン」好評です!


バサー創刊30周年を記念して制作されたフルクリップとのコラボバッグ、「バサートリッピン」。おかげさまで好評をいただいておりますが、9月19日に第一次受注を閉め切らせていただきます。

いつまでもあると思うな、親とコラボバッグ、です!

さて。

今回、このコラボ仕事を熱く引き受けてくださったフルクリップさんへお邪魔してきました。
p1430215 残念ながらスタッフ全員ではありませんが……、右から2番目が平垣亨さん、フルクリップの原動力。ロゴ、イラスト、HPなどすべて自社でデザインしていることも、軽いフットワークの理由。「ずっと楽しくいたいから、今、頑張らないと」と気合い充分

—— フルクリップはどのようにスタートしたのですか?

平垣 ウチはもともとバッグを制作していた会社なんです。アウトドアとかではない一般的な、おしゃれバッグですね。

そこで僕が自分のバスフィッシングのために勝手に作り始めたのが最初です。実際に使っていると、友人から「売っちゃえば?」という感じで言われまして……。フックやシンカーが入れられるポーチを2011年にリリースしたのが最初です。

p1430250
p1430036
—— 平垣さんの個人的な欲求が大きく影響してそうですね。

平垣 そうですね。商品は、サイズ、機能、生地も含めてすべて僕が考えています。レアな生地とかを見つけるのも好きなんですよね。ミルスペックの生地も独自のルートがありますし、柄がよくても、バッグに向かない素材だった場合は裏加工して、使えるようにもします。だから企画から製品になるまで3年くらいかかったものもありました。

p1430033 社内に積まれた、これからバッグになる生地、の一部

—— 今回の「バサートリッピン」はもともとある船型の「トリッピン」に特別な生地を使っていただきました。

p1430346 トリッピンの型紙。これをもとに生地を切り出していく

平垣 僕らはもともと工場体質なので、今回のようなオファーは大歓迎です。

—— 当初は大人っぽく革でトリッピンを作りたい、なんて無茶なこともお願いしてしまいました。

平垣 そうでしたね(笑)。バーツも金属にしよう、とか盛り上がってましたが、結局釣り道具としての機能も考えてナイロンに落ち着きました。

dsc_5921 つり人社スタッフの好き勝手を快く受け入れてくれた平垣さんとの打ち合わせ風景。この頃は、まだ長袖着てましたね

dsc_6058 たくさんのサンプルを前にどれがいいか……

img_3965 これが革トリッピンの試作。検討の結果、今回は発売を見送りました

平垣 製品に使用したこの生地は、バサーさんにしか使わないということで特別に取り寄せました。一見ブラックなんだけど、よく見ると迷彩、という柄です。トリッピンのカラーバリエーションに「ブリティッシュアーバン」というカラーがあるんですけど、それのブラックバージョンなので、僕らは「ブリティッシュブラック」と勝手に呼んでます(笑)。

その生地に日本製の高密度ナイロン素材に撥水加工と、裏地にインターロックという樹脂を引く加工をして強度を出しています。あとは牛革のバサーさん30周年ロゴもさりげなくこだわりました。これも国産のオイルドレザーを使っています。

p1430188
p1430125
ストラップテープからプラスティックパーツなどほとんど日本製で、見た目だけでなく耐久性にも自信を持っています。柄は無骨かもしれませんが、街での普段使いにもマッチするはずです。いろんなシーンで使っていただきたいですね。


01
Basser TRIPPIN
6800円+税
ご購入はこちらへ




2016/9/14

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING