サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

2012年JB TOP50霞ヶ浦戦を振り返る :第2回(全4回)

福島健のウイニングパターン

Basser編集部=写真と文
jb-4-seiseki
 今週末に開催を控えた2016年JB TOP50霞ヶ浦戦。年間ランキングが確定するレギュラー戦最後の試合でもある。
 2012年は今回と同じく10月の霞ヶ浦で最終戦が開催された。この記事ではBasser2012年12月号に掲載された当時のレポートを4回にわたって紹介する。
 今年の試合が始まる前に当時の選手たちがどんな釣りを展開したのかをおさらいしよう。当時と今回とで季節の進み具合や天候、水位などの違いを踏まえて釣り方や結果を比べてみてほしい。きっと秋の霞ヶ浦を釣るときの参考になるはずだ。


※記事内敬称略

台風を想定に入れたプラクティスと「スーッ、コロン」のキーアクション


 この記事ではウイナー福島健の釣りを紹介しよう。
 福島は予選3位で決勝に進み、決勝でも2538g(3尾/単日7位)を釣ってきた。単日成績を振り返ると初日12位(2734g/4尾)、2日目5位(3980g/5尾)。上位陣が次々と崩れていく3日間のサバイバルレースを凌ぎ切った。

jb-4-01

 福島の勝因はプリプラクティス時から「アシ」に目を付けていたこと。減水状態だったプリプラクティスは多くの選手がシャローを見切っていたが、福島は違っていた。

「10月上旬という開催時期を考えれば、試合前に台風がくる確率は非常に高いと思っていました。台風がくれば増水してアシにバスが入るはず。それで試合1ヵ月前のプリプラクティス時から重点的にアシをチェックしていました。テーマは、たとえ減水していても釣れる……、つまり水深があるアシのストレッチを探すことでした。増水すればますます魚が集まるし、試合中に水位が変動しても対応できる」

 結果、外浪逆浦を中心に、霞ヶ浦本湖にもエリアを見つけた福島は、ハイペースでエリアをラン&ガンする戦略をとった。「3日間ともそうだったんですが、釣れるエリアはバタバタッと3、4尾固め釣りできる。魚が沸いているエリアが必ずどこかにあると確信していたんで、そこに巡り合う確率を上げるために試合中はとにかく走りました」

アシのポテンシャルを引き出す一手とは


 試合初日、福島は霞ヶ浦水系の試合で「プラでは試すまでもないからやらないけど、本番では必ずやる」と言う垂直護岸際のダウンショットリグパターンから入った。アウトレットの護岸ギリギリにボートを着け、護岸際をダウンショットリグ(ボウワーム4.2in)のミドストでタイトに探り4尾をキャッチ。しかしバイト数の少なさから「このパターンじゃ3日間はもたない」と感じアシ撃ちにシフト。5gテキサスリグ(エスケープツイン)で1尾をキャッチして初日を終えた。

 2日目は朝を護岸の釣りに費やしたものの、11時30分からアシ撃ちにシフト。そこで福島は2日目の4㎏弱に繋がる“あるアクション”に気付いた。

「アシ際にソフトベイトを落して、着底後にスーッと移動させるんです。リグがボトムに着いたら、ロッドを縦にさばいて引っ張る。このときラインを張りすぎるとソフトベイトが頭上がりの姿勢になったり、浮いちゃったりしてダメでした。ボトムを水平姿勢で『スーッ』とやることで、シェイクしたりしたときと比べてワームが無防備な感じで泳いでくれるんです。で、アシから1m離れた沈み物やアシの根に『コロン』とソフトベイトがぶつかる瞬間にバイトが出る。バスはアシの1m前後沖にある何かについて、アシから出てくるテナガエビやザリガニを食っていたんだと思います」

 初日と比べて水位が5㎝ほど落ちていた2日目。増水でアシに入ったバスは、福島が目を付けていた「アシ沖1mの何か」にポジションを変えていたのかもしれない。ちなみに福島本人は「試合中の増減水は気にしないようにしていた」と言う。

「水の増減で自分の釣りが制限されるのがイヤなんですよ。アシで釣れているわけだから、とりあえずアシで押してみる。『アシ』という軸はブレさせずにルアーやアクションを調節していって、まずは1尾目を釣ってから考えるスタイルです」

 そして最終日。朝イチから外浪逆浦のアシに入った福島は1400gクラスのキッカーを含む3尾をキャッチし、自身3度目のトップカテゴリー優勝を決めたのである。

jb-4-kazari
当時の釣りを今(2016年)するなら……
福島健の5gリーダーレスダウンショットリグ用タックル
ロッド:コンバットスティック・ヘラクレス・ファクト70HST(エバーグリーン)
リール:レボエリート ZPIチューン(ギヤ比7.9:1、ハンドル長92㎜/アブ・ガルシア)
ライン:バスザイルマジックハードR14Lb(エバーグリーン)

福島は2015年シーズンからアシ撃ちにはほぼ例外なくリーダーレスダウンショットリグを使用している。リーダーレスダウンショットリグはソフトベイトが水平姿勢で艶めかしく動くため深いバイトが出やすく、またフックポイントが上を向いた状態をキープしやすいためバスの上アゴを貫くアワセが決まりやすいのだという。
  
 

 
2016年11月号はスモラバ特集。福島健さんをはじめ、青木大介さん、江口俊介さん、小野俊郎さん、北大祐さんなど、JB TOP50に参戦中のアングラーも多数登場します。名手と呼ばれる人たちがいかにしてスモラバを使いこなしているのかに注目です。

↓表紙クリックでBasser2016年11月号の試し読みができます basser11
  
 

  
テキサスリグの基本から裏技まで、初心者にもわかりやすく解説。
成田紀明 テキサスリグ講座
DVD-105分
 
  
 

  
JB TOP50を戦う青木大介選手とそのライバルに密着!
シリアス8
DVD-155分
 

  
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分

2016/10/18

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING