サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

泉和摩が語るジャークベイト論 :第3回(全4回)

なぜ、低水温期に効果的なのか?

Basser編集部=写真と文
dsc_8427
低水温期にアドバンテージを発揮するルアーのひとつがジャークベイトだ。
高校3年生にときにオリジナルHMKLを完成させた泉和摩さんはこのルアーの第一人者。
津久井湖で拾ったラパラF7に「ある性能」を付加したことが、日本のバスフィッシング史に残るミノー誕生のきっかけとなった。
それ以来名作ルアーを生み出し続ける泉さんに、ジャークベイトについて教えてもらいました。


dsc_0044解説=泉 和摩(いずみ・かずま)
1955年福島県生まれ、東京都在住のプロフェッショナル・ルアービルダー。1987年から1990年までの4年間、B.A.S.S.インビテーショナルに日本人として初めてフル参戦を果たす。JBではJBTA時代から優勝、入賞多数。1997年にトップカテゴリーが少数精鋭化されてワールドシリーズがスタートすると、その第1戦の生野銀山湖で、ワンオフのHMKLを駆使して優勝。2000年にはW.B.S.スーパースリーデイズを勝っている。
HMKL
ショールーム:東京都小平市御幸町123-1
営業は月~土曜日の9:00~17:00。
日・祭日は定休


この記事は2012年12月号に掲載されたものを再編集しています。

低水温期のアドバンテージ


「ジャークベイトは年中釣れるルアーですが、ほかのルアーに対してとくにアドバンテージがあるのはやはり低水温期。水温が10℃以下に下がって、ソフトベイトでパッタリ釣れなくなってからが強いルアーですねぇ」

「この時期は、食い気のあるバスが底をいっさい見ないようになるので、中層から上へ寄せて釣ることのできるルアーが有効になるというわけです。サスペンドタイプを使って、基本の操作は2ジャーク・1ストップ。止めの時間は、私はガマンができないので長くても3秒が限界ですが、水温7、8℃の状況でも、それくらいのストップに浮いてくるバスはいますよ」

dsc_0008

着水からの序盤が勝負


「どんな使い方をするにしても、ジャークベイトは足もとやボート際まで追わせてしまったらアングラーの負けです。さっき見てもらったとおり、ジャークする余地がなくなったらUターンされてしまいますねぇ(苦笑)」

「このルアーを使いこなすには、『バスがルアーを見ているイメージ』を明確にすることが大事です。桟橋や岩、ウイードエッジなど、バスがいる場所、食わせる場所を想像して、できるだけロングディスタンスでねらい、着水からの序盤で勝負を決めてしまうことです。クリアウォーターで遠くからバスを呼ぶこともできますが、プレッシャーがかかった釣り場では、寄って来たバスが躊躇しているうちにルアーが手前まで来てしまうことが多くなります。ちゃんとねらってキャストして、明滅効果でスイッチを入れて、アングラーがバスを視認できない距離(バスにアングラーのプレッシャーがかからない距離)でバイトさせることです」

  
 

 

ハンドメイドルアーを手がけるビルダーたちの素顔に迫るムック。
泉和摩さんによるルアーメイキング講座も収録。

 

匠の素顔



 

 

夏、秋、冬のリザーバーを舞台に、菊元流ハードベイトの使い方をレクチャー。
冬の丸山貯水池での「釣れるジャークベイティング理論」解説を見逃すな!

 

MOMENTUM2 ハードベイト・タクティクス

菊元俊文 DVD-150分


2016/12/25

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING