サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ :第1回(全4回)

LESS SNAG ! MORE CATCH !!

Basser編集部=写真と文
01

「食わせの利くネコリグで、ストレスなくカバーも撃ちたい」
「根掛かりしたくないけれど、バスはしっかり掛けたい」
川村光大郎さんが編み出したスナッグレス・ネコリグは、矛盾していたこれらふたつの欲望を同時に叶えた。
この記事では具体的な使用方法を紹介させていただきたい。


スナッグレス・ネコの構造 261-kawa-007 普通にラインにN.S.Sフックを結んでからこのようにセットする。セットする位置の目安としては、「これまでマスバリをチョン掛けしていた位置が、フトコロの中心(アイとフックポイントの中間)にくるように」と川村さん。「セットするときはハリ先を抜いてから戻すのではなく、ワームの厚みの半分くらいの位置に留めて、ハリ先をワームに埋めておいてください。しっかりアワせれば、これでも確実にいいところに掛かります」

ネコリグのSV化成功で使用頻度が一気に上昇


 自身でこのスナッグレス・セッティングを考案するまで、川村光大郎さんのネコリグの使用頻度は決して高くなかった。強く水を押してバスにアピールでき、ストレートワームの細身のシルエットで食わせも利く。ネコリグはたしかに優れたリグだが、バスというカバーに潜む習性の魚を相手にする以上、致命的とも言える欠点が従来のネコリグにはあったからだ。

 それは、マスバリのチョン掛けに起因する対・カバー性能の低さ。ガード付きフックもこの問題を根本的には解決してくれない。また、ゴミやウイードなどを拾いやすいのも従来式ではストレスだった。

「オカッパリでは、ガンガン釣り歩くために持ち歩くタックルは基本1セットです。本当に効率とスピード重視で釣るときは、結び替える手間と時間も短縮したいから、ルアーも1種類でいきたい。その1種類は、そこにバスがいたら確実に釣れるルアーがベストです。僕の場合、バスがいるのかどうかもわからないエリアを開拓目的で釣る機会も多いので、その日のコンディションに左右されずにバスの存在をたしかめたいんです。そういうとき、以前はゼロスリーハンツ+ドライブクロー3inを使っていました。これならカバーが撃てるし、オープンウォーターで食わせる力もそこそこあって、スイムジグのように巻いても使えますから」

 では、従来のネコリグはどうかというと、オープンウォーターで食わせる力は申し分ない。が、「線で探る能力」は高くないし、前述のとおりスナッグレス性能は低い。そのため川村さんのなかでは使用頻度が低かったのだ。

「もっと、とくにカバーでの使い勝手がよかったら、そこにいるバスを全部釣れるんじゃないかと思ってました。それができるようになった今、自戒しているのは、使うルアーがネコリグばかりにならないようにすることです。……実は昨日も、オカッパリで霞ヶ浦・利根川水系のかなり広い範囲を釣り歩いて、気づいたら一日ネコリグしか投げてませんでした(苦笑)。初めて釣りをした場所でもたくさん釣れたから満足ですけど」

 ネコリグのスナッグレス化は、カバーのイン・アウトを問わないバーサタイル化とも言える。そして従来式のストレスを大幅に軽減してもいる。ダイワのリールコンセプトではないが、スナッグレス・ネコ=SV(ストレスフリーバーサタイル)ネコなのである。

N.S.Sフック(フィナ) 261-kawa-001 N.S.Sは「ノン・スナッグ・セッティング」の略。近距戦離戦特化型だったプロトタイプのワイヤー線径を煮詰めることで、中距離戦での使用 にも対応するようになった。オカッパリで足もとのカバーを探る釣りから、ボートでのロングピッチによるカバー攻略まで、高いフッキング性能を誇る。FPPストレートでも評価の高いループストッパーを採用することでワームのズレを防ぎつつ、セット時にワームが割けにくい。♯2~♯4/0の6サイズを展開




 
次回
川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ :第2回
「スナッグレス・ネコの適正フックはこう選ぶ」は10月5日公開予定!

 
バスフィッシングにおけるフック選びの道しるべとなってくれる1冊。
k011
FINAL Ans. of Hook
ファイナルアンサー・オブ・フック
フックセレクトの結論
 

  
誰よりも釣るための
マル秘オカッパリレッスン開講!
川村光大郎 ”釣れる”オカッパリの歩き方vol.01基礎編
DVD-170分
 
 

2016/10/1

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING