サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

「マッドラット」完成間近!!

FROG PRODUCTS × Basserコラボレーションルアーが登場!

Basser編集部=写真と文
rat-4a

FROG PRODUCTS × Basserコラボレーションルアー


4日間のテストで5尾の50㎝アップが釣れた!!


 今年で20周年を迎えるFROG PRODUCTSと、創刊30年の『Basser』のコラボレーションルアーが「マッドラット」だ。同ブランドの名品である「ジョイントクレイジーウォブラー」をベースにラットルアーを作ってほしいと荒井謙太さんにリクエストしたのがそもそもの始まり。

 「ジョイントボディー+8連結テールで作ってみたところ、これがかなり大変でした。10個のルアーを作るようなものですから。ただ、それに見合ったスゴいルアーになったと思います」と荒井さん。

rat-2c
rat-2b
rat-2a マッドラットのプロトタイプ。フロッグ20周年とBasser 30周年を記念したコラボレーションルアーだ。今のところの全長は30㎝弱、ウエイトは40g弱。ボディー素材はABS、テールは硬質発泡内蔵のABS。マッドラット+書籍+DVDのセットの予定価格は7200円+税

 2016年3月末から4月頭にかけて、中国地方のリザーバーで行なったテスト釣行では4日間で5尾の50㎝アップが飛び出したという。
「テールの力を実感しました。明らかにビッグバスにスイッチを入れる。本当のところはバスに聞いてみないとわからないですが、やっぱり長くてゆらゆら動くものはバスの習性として気になっちゃうんじゃないでしょうか」

rat-4b 2016年3月末から4月頭にかけてのテストでは、中国地方のリザーバーにて4日間で5尾の50㎝アップをキャッチすることに成功している。最大魚は62㎝。ピンスポットでのターンが効果的だったという。すべてDVDに収録予定だ

 そのほか、着水音がソフトで艶めかしいのも大きな特徴だ。着水時、2連結ボディーと8連結テールに水を受ける衝撃が分散されることが理由。

 そして、首を振らせたときに尻尾があとから着いてくるような「残像があるようなターン」を出せるのもバスを狂わせる要因だと荒井さんは感じている。ポーズ時に波や風を受けて勝手にテールが動くのも大事なポイント。

rat-3 ヒモをインサート成型した8連結テール。硬質発泡を内蔵したABS素材を採用したのは「弱すぎず強すぎない浮力」を実現するため。ボディーに絡むことなく水にちょうどよく馴染むテールを目指した

 マッドラットは書籍とDVDとのセットで発売予定。書籍ではフロッグの歴史や、マッドラットの使い方の紹介、DVDにはテスト中の爆釣劇(5尾の50㎝アップのヒットシーンも!)が収録される予定だ。2016年内の発売を目指して現在制作中。お楽しみに!


rat-1マッドラットのカラーはBasserナチュラルカラー(上)とFROGトイカラー(下)をラインナップ予定。「ただのネズミ色にするのももったいないので、Basserのイメージカラーである赤をベースにしたザリガニ系と、FROGらしい蛍光グリーン+ピンクのトイカラーを作ってみました。ちなみに蛍光グリーンは意外とクリアウォーターで釣れますよ!」と荒井さん

rat-4c

TrippinBanner

2016/8/29

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING