サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser ALLSTAR CLASSIC 2016は無事に終了いたしました。

2016年10月29日(土) 30日(日)

30回記念大会の栄冠は北大祐選手が獲得

日本最大規模のトーナメントである「Basser ALLSTAR CLASSIC」は、1986年の初開催から今年で30回の節目を迎える。

本大会は、第1回大会から「湖上で起こっていたことのすべてを公開する」を理念に掲げ、 出場全選手にプレスアングラー(審判兼記録員)が同船するスタイルを 四半世紀以上にわたって守り続けている。

選手の一挙手一投足や感情の動きまでもが記されたプレスノートをもとに編集される特集号は、 今や『Basser』の目玉になっている。

また、本大会の特徴として選手の顔ぶれがバラエティーに富んでいることも挙げられる。

JB、W.B.S.、TBC(日本)のみならずB.A.S.S.(アメリカ)からも現役選手が集まり、 さらには一級の戦歴をもつ元・トーナメントアングラーや、 日本のバスフィッシングを黎明期から盛り上げてきた大ベテランまで、 さまざまなスタイルの選手が優勝だけを見据えて己の釣りを貫く。

激闘の舞台となるのは霞ヶ浦・北浦を含む利根川水系。

会場である千葉県香取市の「水の郷さわら」には早朝から多くのファンが詰めかけ、 選手のスタートを見送ったあとの河川敷では 協賛各社が趣向を凝らしたブースイベントで来場者を最後まで楽しませてくれる。

コンセプトもメンバーもオリジナリティーに溢れ、 世界有数の観戦者数を誇るトーナメント、
それがBasser ALLSTAR CLASSICである。


イベントスケジュール


Basser Allstar Classic 2016 2日間のスケジュール(予定)

10月29日(土)<1日目>
5:00 選手・プレスミーティング
5:30 スタート直前インタビュー&ランチング開始(前倒しあり)
6:00 ビンゴカードの整理券配布
6:30 競技スタート(前倒しあり)
選手スタート後、各社ブースが随時オープン
8:00 第1回中間報告
9:00 ビンゴカードの販売開始
10:00 第2回中間報告
12:00 第3回中間報告。その後、ビンゴ大会スタート
14:00 競技終了。選手のボートが帰着。ウエイインショー開始
16:00 ウエイイン終了。解散

10月30日(日)<2日目>
5:00 選手・プレスミーティング
5:30 スタート直前インタビュー&ランチング開始(前倒しあり)
6:30 競技スタート(前倒しあり)
選手スタート後、各社ブースが随時オープン
8:00 第1回中間報告
10:00 第2回中間報告
10:30 選手提供タックルのチャリティーオークション
13:00 競技終了。選手のボートが帰着。ウエイインショー開始
15:00 ウエイイン終了
15:30 表彰式
表彰式のあとファンサービスタイム
17:00 会場撤収作業開始。
河川敷駐車場は車両がなくなり次第閉鎖



オールスタークラシック
レギュレーション(一部)


■競技日程:2日間
■バッグリミット:ラージマウスバス各日5尾、計10尾
■勝敗の決定:合計重量
■キーパーサイズ:30㎝
■競技エリア:利根川、霞ヶ浦、北浦、鰐川、外浪逆浦、北利根川、常陸利根川(※すべて利根川水系に属する)をメインエリアとし、それらの流入河川(ボートでさかのぼれる範囲はすべて可)も競技エリアに含む(※例外あり。各所の禁漁区、保護区はすべてエリア外。また、大部分のドック内もエリア外とする。その他、湖面利用は、漁業規則をはじめとするローカルルールに準じる)。利根川については、上流側は全域を、下流側は潮止め水門まで(潮止め水門より110m以内は釣り禁止)をメインエリアとする。

ルールは2015年大会のものです。変更される可能性があります。

2016年出場選手
過去のレポート
映像
会場案内






NOW LOADING