サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第3回

河口湖開催の第2回大会を制したのは、当時28歳の沢村幸弘

Basser編集部=写真と文
第2回大会・河口湖(出場43名)
Place Name Total weight(g)
1 沢村幸弘 2340
2 下野正希 2120
3 小山隆司 1900
4 河辺裕和 1870
5 秋林義継 1820
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します


 1988年10月30日に開催された第2回大会には、トーナメントで活動中のアングラーだけでなく、雑誌とTVで活躍中の故・西山徹や、NBCのジュニアアングラーも迎えて計43名で競われた。


 当日は小雪が舞うコンディションで、出場選手の半数が大石沖ディープ、水深8mラインにねらいを定めていた。

allstar02ba
 しかし、この試合を勝った沢村幸弘のエリアは鵜ノ島の南西にある寺下。沢村はここでドロップオフを挟んで隣接するシャローとディープを効率よくねらい、前回の雪辱を果たして初優勝を遂げた。ウイニングルアーはバイブラシャフト1/4oz・シングルウイロー。持ち帰ったバッグリミット(7尾)のうち1尾がキーパーサイズの25cmに満たず、冷や汗ものの検量となったが、それでも勝利の女神は沢村にほほ笑んだ。

allstar02cd
掲載は1988年冬号
b-1988-12-01-02-01-L

2016/6/28

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING