サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC

「プロセスを明かさなければスポーツになり得ない」。 この理念ありき。そしてAllStar Classicが始動した


 

林圭一と沢村幸弘と三浦修。熱源は当時20代の青年たちだった

 
1987年、都内のとある喫茶店に、日本のバスフィッシングトーナメントの未来について語り合うふたりのアングラーの姿があった。故・林圭一さんと沢村幸弘さんである。そこに林さんからの要請に応じて、『Basser』編集部員の三浦修さん(後の2代目編集長。当時の編集長は弊社会長・鈴木康友)が加わり、話はいよいよ本題に入った。
 
林さんと沢村さんから三浦さんが打ち明けられたのは、「試験的トーナメントのプラン」だった。
 
当時、林さんは日本のトーナメントシーンにある危惧を抱いていた。
 
1970年代にアメリカの流れを引くトーナメントが日本でも行なわれるようになり、1980年代半ばには「プロ」というコンセプトを前面に出した賞金制のトーナメントもスタートした。
 
現在のシーンへと繋がっていくプロトーナメントである。しかし、当時はあらゆる面で試行錯誤が繰り返された過渡期であり、「プロ」にも「トーナメント」にもこれから発展・成熟していくうえでの課題が山積していた。
 

プロセス、苦悩、歓喜が伝わらなければならない

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA  
林さんは早くからトーナメントがスポーツとして認識されてほしいと願っていた。早朝スタートして、夕方に戻り、釣った重さで順位が決まる。入賞すれば賞金がもらえる。これだけで、果たしてそれが叶うのか。
 
たとえば観戦スポーツの雄である野球は、勝敗とスコアを伝えているだけではない。プレイボールが宣せられてから9回裏までのドラマ、駆け引き、選手の歓喜や落胆といったすべてを球場や放送で共有できるからこそ、あれだけ熱狂的なファンが生まれ、そこに野球というスポーツや選手への評価、敬意も生まれる。
 
バスフィッシングトーナメントに置き換えれば、アングラーの戦略、それをやり遂げるためのタックルの選定、目の前の状況変化へのアジャスト……、そういったプロセスや、選手の苦悩、歓喜が伝えられなければ、その結果としての順位や賞金はきちんと評価されないのではないか……。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0384 KS0T9880-tsuru-ATARI day2_12
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
林さんと沢村さんが三浦さんに明かした思いと「試験的トーナメント」とは、そのプロセスの全公開を前提としたトーナメントの必要性だった。
 
当時、『Basser』は日本初のバスフィッシング専門誌としてスタートしたばかりだったが、林さんにしてみれば三浦さんは大学の後輩であり、同じB.A.S.S. of JAPANに属してもいたので、トーナメントの理想像を共有できると思ったのだろう。
 
一方で、三浦さんにも心に秘めた夢があった。それはアメリカのように観客が楽しめ、選手と一体となれるトーナメントの開催。
 
DSC_0399
 
スタートからウエイインまでギャラリーが飽きることのない空間を日本でも実現したいと三浦さんは考えていたのである。
 
ここに林さんと沢村さん、そして三浦さんの思いが重なり、各々の夢を乗せて企画は動き始めた。共鳴してくれる10名のトッププロを林さんが集め、その豪華な顔ぶれに相応しい名を三浦さんが付けた。
 
「AllStar Classic」
 
当時20代の青年3名が掲げたプロセス全公開の「理念」と、オールスターの名に込められた「選手への敬意」は四半世紀を超えて受け継がれ、観る者を熱くさせる現在の「Basser Allstar Classic」があるのだ。
 

 
林 圭一(はやし・けいいち)
hayashir
1959年生まれ。トーナメントアングラーとしてB.A.S.S. of JapanとJBで活躍し、オールスタークラシックでは1996年大会に勝利。また、フリッピングを日本へ伝え、代表取締役社長を務めた株式会社ケイテックでは精度の高いルアーと新たな製造方法を生み出すなど、多角的に日本のバスフィッシング発展に貢献した。2016年に惜しまれつつこの世を去る

 
沢村幸弘(さわむら・ゆきひろ)
sawamurar
1960年生まれ。JBの前身であるJBTA時代から今日のJB TOP50まで国内のトーナメントのトップカテゴリーに参戦し続けるアングラー。1987年JBTA東日本プロ第4戦芦ノ湖に優勝した翌年、オールスタークラシック1988年大会を制している。近年では2013年JB TOP50第2戦遠賀川戦に優勝。ベイトフィネスの有効性にいち早く注目し世間に広めた人物のひとり。キャリル代表

 
三浦修(みうら・しゅう)
miurar
1960年生まれ。『月刊Basser』『月刊つり人』の元編集長。現在は広告制作、出版編集、企画、スタイリングなどを手掛ける株式会社三浦事務所で代表取締役社長を務める

2016/5/27

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING