サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

伊豫部健さんからのご報告

Basserは、伊豫部選手の夢を応援します!

Basser編集部=写真と文
dsc_6453a
伊豫部健さんから報告がきました。

内容は下記の文章を読んでいただくとして、残念ではありますが、弊社つり人社とBasser編集部はこれからも伊豫部さんの夢への挑戦を応援し続けます。

オープンシリーズ時代から誌面を通じてその頑張りをお届けしてきている縁ですから。

img-x04170401-0002
頑張れ!! イヨケン!!

皆様にご報告があります。

2016年のB.A.S.S.エリートシリーズを僕は年間89位という成績でフィニッシュしました。本題は来年の話です。ルール上、基本的に年間成績71位以下の選手は翌年のエリートシリーズ出場権を失います。ただし、そうして出場権を失った選手のなかでも、ここ10年間の平均成績がいい選手には、上位から順にエリートに残留できるという措置がとられます。

けれど、僕には昨年と今年の2年分しか実績がないため、正式発表はまだですが、来年のエリートシリーズにクオリファイすることはおそらく難しいものと思われます。

とはいっても、正式発表をただ待つことしかできないわけではありません。

エリートシリーズへの登竜門にB.A.S.S.オープンがあります。これは、エリート出場権を獲得するために、僕が一昨年まで6シーズンを戦っていたシリーズで、セントラル、サザン、ノーザンの3地区でそれぞれ3試合が開催され、各地区の年間成績上位5名にエリートの出場権が与えられます。

僕は今年、エリートだけでなく、このオープンシリーズのセントラル地区にもエントリーしています。つまり、ここで年間5位に入れば、一昨年のようにエリートの出場権を得られるわけです。全3戦中2戦目までを終えて、状況は正直厳しいと言わざるをえませんが、最後の最後まで来年のエリートに出ることを諦めたくありません。どうしても最後の望みをかけてB.A.S.S.オープン第3戦に出場したいんです。そして、そうすることを僕は決めました。

皆様へのご報告というのは、B.A.S.S.オープン第3戦とBasserオールスタークラシックの日程が重なっていることであり、つり人社Basser編集部に招待されている今年のオールスタークラシックを僕が欠場するということです。

応援に来てくれようとしていたファンの皆様の期待を裏切り、スポンサー様には多大なご迷惑をかけることになってしまいますが、自分がバスプロとして生きる場所はやはりB.A.S.S.エリートシリーズをおいてほかにありません。本当に申し訳なく思いますが、自分の夢に忠実でありたいという僕のわがままを、どうか許してください。

遠く海の向こうから、30回目の記念大会である今年のオールスタークラシックが大いに盛り上がることを祈っています。そして場所は違えど、僕も同じときにアメリカで全力を尽くすことを誓います。

伊豫部健

2016/10/4

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING